teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


水と緑

 投稿者:hidemaro2005  投稿日:2017年 6月20日(火)00時52分9秒
返信・引用
  こんばんは
あたしのページにもご来訪&コメント有り難うございます

実を言うと1年半ほど撮影活動休止していました。まぁ、理由はモデルコードのトラブルだったんですが、ホントに人的被写体を追うものとしては、イヤな時代になりました。まぁ、それもちょいと乗り越える術も出来ましたんで、ぼちぼちやろうかと思ってます。写真ブログの鍵も少しずつ外せるかも知れません。
ですから、いつも思うのは、モデルを長年付き合ってらっしゃる奥様はホントに貴重な存在なんだということですね。それはまさに積み重ねそのものだということなんでしょう。最近の作品とか、お送りいただいた作品、「余裕」を感じます。あたしは写真作品は「構図」と「ひかり」だと思っています。その妙がよく感じられた秀作が多くなってるなぁって思っています。今回も堪能させていただきました。

http://hidemaro25.exblog.jp/ 

 
    (REWSPROV) > hidemaro2005さま、書き込みありがとうございます。

 具体的には良く分かりませんけど、1年以上も撮影活動を中止とはよほどのことがあったんでしょうね。心中お察し申し上げます。どうかめげずにバンバン作品公開してください。愉しみにしてます。

 積み重ねはたしかに大事ですよね。つい最近AV男優のしみけんと森林原人の対談読んだんですが、やはり女優と絡むのも何回かその人としないとどうもノリが良くないってな話でした。やはりここにも積み重ね、ですね。
 
 

水滸伝とApartment Ruin #2

 投稿者:hidemaro2005  投稿日:2017年 5月29日(月)22時25分33秒
返信・引用
  こんばんは、ご無沙汰してますっていうか、ブログも全然更新してませんでした。(?˘・з・˘)
まぁ、ロウソクが消える前の燦めきってヤツで、本業が忙しすぎて、これが終わったらいろいろやろうかな~。というような毎日でございます。

さて、水滸伝の解釈、おもしろかったです。いろんな意味で、肥大化したモノはいずれ破綻は宇宙の真理であり、現に超新星、白色矮星なんてものもあるわけですから、つまらない人間社会の巨大化など、こんなモノの前にはいずれ木っ端みじんになるんだという事。確かに水滸伝もまぁ三国志も「めでたしめでたし」では終わってないですね。

今回のラストシリーズ。感想は「光が素敵」でした。新緑の光のバランスと、採光の角度、良いなと思いました。ただ、「あたしの作風」の立場だと、もっとモデルをハイキーにしても良かったかなという印象です。この感じはこれでいいとは思うのですが、主役がモデルなのか廃墟なのか、「う~ん」という印象があります。モデルがそもそもスタイルがいい方なので、逆にこのバランスでッてのもある意味良いとは思います。まぁ、好みの問題ですからこれはあまり気になさらないでください。しかし、今回の色合い、ヌケ、ホントに素晴らしい。次作を期待しています。

http://hidemaro25.exblog.jp/ 

 
    (REWSPROV) > hidemaro2005さま、お久しぶりです。また書き込みありがとうございます。

 しばらくブログ更新等もないので、てっきりセカンドライフスタートにあたって外国にでも行かれてるのかな?なんて勝手に思ってました。なかなかすんなりとは悠々自適を迎えさせてくれない世の中になっちゃいましたね。本当にお疲れさまです。

 駄文のご感想ありがとうございます。いや、昔から水滸伝が豪傑な漢たちの物語なワリに読後感がもひとつスッキリしないストーリーなのは何でなのかな?って疑問がずっとありまして、それであんな風に纏めた次第です。

 Worksの方はまさにご指摘の通りで、どうもコンクリ打ちっ放し系の室内はヘンに均一に光が回って平板になっちゃいますよね。やはりこういった場合は補助光使って周辺を黒く沈めた方が良いのでしょうか?ホント室内ってむつかしいです。もっと勉強します。
 

はじめまして

 投稿者:HD  投稿日:2017年 5月26日(金)05時38分0秒
返信・引用
  はじめまして。プーチンさんが泊まられた温泉街で、REWSPROV様が過去にご宿泊された旅館の前の旅館に泊まって、写真を撮って来ました。過去にご宿泊された旅館は、今でもちゃんと営業中でした。  
    (REWSPROV) > HDさま、こちらこそ初めまして。また、書き込みありがとうございます。

 あ~、中国地方を回った時の話ですね。もう四半世紀近く前の話を細かく見て頂けてありがとうございます。安宿がドンドン少なくなってる中で今も健在とは、何となく嬉しくなりました。
 今後ともよろしくお願いいたします。
 

磐座

 投稿者:  投稿日:2017年 5月18日(木)12時16分35秒
返信・引用
  先ほどの投稿で、見直したつもりがタイトルの漢字を間違っていました。さすがにタイトルなので、お詫び申し上げます。2017愛知初日後半の赤日子神社のお皿様についての投稿でした。  
    (REWSPROV) > 北さま、お久しぶりです。また、書き込みいただきありがとうございます。

 お皿様は本当に凄かったです。まだ実見したことが無いのですが、有名な対馬の与良祖神社のスタイルにひじょうに似ているように思いました。ホントもうアニミズムがパッキパキに感じられる場所でした。
 山形の巨石は残念ながらまだ行ったことがありません。宮城以北の東北や西日本はもっと訪ね歩きたいんですが、如何せん休みがそれほどまとめて取れる身分でもないので・・・・・・悩ましいことです。

 今後ともよろしくお願いいたします。
 

盤座

 投稿者:  投稿日:2017年 5月18日(木)12時00分57秒
返信・引用
  こんにちは。コメントをご無沙汰していました。
写真を拝見したところ、節理が露頭したもののようには見えませんね。縦横のラインが妙にきっちり人工的で、切り出した岩か割り出した岩を積んだものでしょうか。それで祭壇のようなものにして、プリミティブな祭祀が行われたとか。それとも信仰の対象となるぐらいですから、はじめから奇跡的にそのような形に出現していて、これは神様に違いないとなったのか。どっちなんでしょうね。
いずれにしましても、デジタルだ、AIだ、Iotだ、なんだかんだと言っても、こういうプリミティブな場所や物は人をひきつけますね。個人的なことですが、渓流釣りや湖の釣りが好きで、北海道の熊さんだとか鹿さんの領域を歩いていても、あるいはキャンプしていても、自分の中にアニミズムをはっきり感じますし、まあそれが普通かなと。そういう風に思います。風に揺れる木々のざわめき、闇、星、炎、巨石、巨木、清流、雷、…。
ところで、山形県長井市の上伊佐沢にある大石に行かれたことはありますでしょうか。まずまず大きい角のとれた花崗岩の巨石ですが、ついている梯子で上ったことがあります。言い伝えで、巨石の上のへこみは平安時代の武将・源義家の馬のひづめの跡ということになっています。まあ、これはお約束のパターンだとおもいますが。
 

更新作品

 投稿者:sfr  投稿日:2017年 5月13日(土)16時59分45秒
返信・引用
  ご無沙汰しております。
GW明けたらもう梅雨のはしりの雰囲気もありますね。
今回のシリーズ第3章、とても好きな作品群でした。
存在感があり、姿も絵のトーンも空気感も、
真似はできませんが、こういう作品を試してみたいです。
 
    (REWSPROV) > sfrさん、書き込みありがとうございます。

 ちょっと出掛けておりまして、返信が遅れてしまいましたことをお詫びいたします。生憎の天気だったんですが、まずまずの大漁で戻って来ました。
 金山シリーズ、お褒め頂きありがとうございます。この時はたしかちょっと小雨が時折パラつく陰気な日で、それが却って画像に落ち着いた雰囲気を与えてくれたように思います。何故かここに出掛けた時は天気が悪いんです。
 今後ともよろしくお願いいたします。
 

はじめまして

 投稿者:ももんが  投稿日:2017年 4月29日(土)02時36分29秒
返信・引用
  はじめまして、ももんがと申します。
実はこちらのサイト、以前にも辿り着いた事がありましたが、その時はその1度きり、でした。
それから数年が経ち、私自身も2年前から写真撮影をするようになり(今はスポーツ撮っています)
以前とは全く受け止め方が変わりました。なにせコチラのサイトは膨大な画像量なので、まだほんの一部しか拝見しておりませんが、温泉街や観光地、渋い鉄道写真、そして美しいモデル様・・・スポーツ関係しか撮って来なかった私には全てが新鮮であり、刺激的であり、「私もこういうジャンルの写真を撮ってみたい」と強く思わせて頂きました。

今後のご活躍、楽しみにしております。また、過去の作品もこれからゆっくり拝見させて頂きます。
 
    (REWSPROV) > ももんがさん、はじめまして、また書き込みありがとうございます。

 画像については、量だけは大量にありますが、まぁ大半はスナップみたいなのばかりで要するに旅日記ですし、サイズもそれほど大きくないので、頂いたお言葉はまことに面映ゆい限りです。
 相変わらずポツポツとコンスタントには続けておりますので、今後とも宜しくお願い致します。
 

更新楽しみにしています

 投稿者:イノスケ  投稿日:2017年 4月21日(金)22時58分20秒
返信・引用
  Works楽しく拝見させていただいています。廃墟の中なども好きですが、人工物を除いた自然の中の今回のDesert Mountain撮影素敵でした。季節はわかりませんが、あたたかければ、きっと奥様も気持ちよかったのではないでしょうか?ポーズもきまっていますよ。私も山奥の野湯に何回か行ったことがありますが、人がいなければ付近をうろうろします。爽快感がたまりません。  
    (REWSPROV) > イノスケさん、お久しぶりです。また、書き込みありがとうございます。

 そうなんですよね~。実は廃墟よりもこうした自然のロケーションの方が二人とも好きなんですが、やはりナカナカむつかしい事情がありまして、それほど数多くは撮れてないのが実情だったりします。
 とは申せ、気持ちが良いとまでは油断できませんで、この時も小さな尾根を挟んだ向こう側から登山客らしき声が聞こえたりして、シビアな撮影ではありました。

 今後とも宜しくお願い致します。
 

お弁当箱

 投稿者:こりんご  投稿日:2017年 4月 9日(日)18時22分3秒
返信・引用
  お久しぶりです。
お弁当箱のお話、懐かしかったです。自分の学生時代もアルマイトのお弁当箱全盛だったので。たしか、入学の備品購入の時に指定された業者があってほとんどの学生が同じお弁当箱を飼っていた気がします。まさに、「ドカベン」でした。
「芋虫」もリアルタイムで見ました・・・。
確か、いじめられっこがうっぷん晴らしに芋虫を殺していたら、その呪いにかかってしまって食べ物がみんな芋虫に変わってしまうってお話でしたね。で、彼をいじめていたいじめっ子が目隠しでその芋虫を食べさせられて、いじめっ子も呪いにかかってしまうってオチだったような。
芋虫の生々しさもさることながら、いじめの連鎖と、因果応報の恐ろしさが心に突き刺さった作品でした。
 
    (REWSPROV) > こりんごさま、お久しぶりです。書き込みありがとうございます。

 あの作品をリアルタイムで読まれたってコトは、おそらく私と同世代ですね~。あの頃のチャンピオンってパワーあって面白かったです。
 つのだじろう、って単なる心霊マンガってワケではなくて、視覚的にも訴え掛けて来るシーンが「恐怖新聞」くらいまでは多かったんですが、中でもこの「虫」は出色だったように思います。

 今後とも宜しくお願い致します。
 

ジェラシーすら覚える出来

 投稿者:hidemaro2005  投稿日:2017年 4月 6日(木)19時14分35秒
返信・引用
  こんばんは
「Quarry Ruin #3」
発色が素晴らしく、モデルの健康的な魅力が伝わります。構図的にもリズムを感じる素敵な作品ばかりでした。日本にもこういう「アリゾナ州」的な風景があるんだなぁと、なにやら発見したような気がしました。とにかく空の色の抜けが素晴らしい。

あと、弁当箱のお話は面白かったです。「あったあった」てな内容で。
実は現在、ちょっと田舎の勤務でして、近くにコンビニすらないので、「弁当男子」やっているわけなんです。だから余計面白かったです。

では、今後とも宜しくお願い致します。

http://hidemaro25.exblog.jp/ 

 
    (REWSPROV) > hidemaro2005さま、書き込みありがとうございます。弁当男子、実に羨ましい。

 大変なお褒めの言葉を賜り面映ゆい限りです。まぁ、このシリーズはロケーションと天候が全てでした。実は自分でもとても気に入ってます。
 ちなみにこの場所、GoogleMapで偶然見付けた場所でして、気になって行ったらこのような光景が広がってました。仰られる通りアリゾナっぽいかも。ライ・クーダーの”Paris,Texas”でも流すと似合いそうな。

 貴サイト、見てます。作品の印象、今後の既存ブログとの棲み分け方、プラットフォームのWIX.comについて・・・・・・etc、詳細はまたメールさせていただきます。
 今後とも宜しくお願い致します。
 

素敵です

 投稿者:hidemaro2005  投稿日:2017年 3月27日(月)01時32分27秒
返信・引用
  Clubhouse Ruin #4
堪能させていただきました。何回か前に言ったように「番線バック構図」やはり良いです。また、何枚かでのウインチ鍵が映り込んだ廃墟感も素敵って言うか。

 それにつけても今回のサービスショット(って言っていいんかな?)まさにギリギリの。
何だろう、あたしも「開き直りたくなった」気分・・。

http://hidemaro25.exblog.jp/ 

 
    (REWSPROV) > hidemaro2005さま、書き込みありがとうございます。

 いつもホント、細かいトコまでシッカリ見ていただけて面映ゆい限りです。鎖が垂れ下がってるの、自分でもキレイに忘れてました・・・・・・。
 サービスショットっちゅうか、まぁダイナミックに撮ろうとするとどうしても、ってのもありますよね。加工がひと手間増えてしまうのがどうにも厄介ですが(笑)。

 作品サイトの方も日々細かく弄っておられるようですね。大きく育つのを愉しみにしてます。どうか開き直ってハッチャケてください。あと、パスワードのお願いはリクエストに書き込ませていただきました。

 今後とも宜しくお願い致します。
 

新作拝見しました♪

 投稿者:日和  投稿日:2017年 3月22日(水)10時46分41秒
返信・引用
  REWSPROVさん こんにちは。

Works、拝見させて頂きました。
今回は見晴らしの利く廃墟での撮影。いつもながら撮影を惜しみなくご協力される奥様。
本当に素晴らしいと思います。
この様に芸術的にREWSPROVさんが撮影をされるから、奥様も積極的にご協力をして下さる
のでしょうか?
前回では危険な場所もあるようにお見受けしましたが、それでも果敢に色々なポーズも
される奥様の姿には、まさに脱帽です。
私は、いつかREWSPROVさんみたいな廃墟的な場所で写真を撮りたいと、構図の構想力や
撮影技術も無く、機材も揃っていないのに思っておりますが、その前にいざ撮影をしよう
と思ってもウチなら絶対に、妻の『絶対にイヤだ!』の一言で終わってしまいそうで・・・。
夢に終わりそうな感じです・・・。
奥様への説得方法とかどのようにされておりますか??できればご参考までに教えて
頂けると助かりますです。

あっ!そういえばですが、先日例の石切り場に行ってきました!!
平日とあって誰にも遭遇することなく、安全に撮影ができました♪
情報、ありがとうございました♪
(ブログでのその時の画像UPはまだ当分先になりそうですが・・・。)
 
    (REWSPROV) > 日和さん、書き込みありがとうございます。

 石切り場、良い時期に行かれましたね。噂なんですがあそこ、暑くなるとマムシがすごく出るそうで・・・・・・何はともあれ、撮れたて拝見させていただけるとありがたいです。

 え~っと、他にいろいろ質問書いていただいたんですが、長くなるので別途メールさせていただきますね。

 今後とも宜しくお願い致します。
 

ギャラリーサイト御紹介

 投稿者:hidemaro2005  投稿日:2017年 3月22日(水)00時06分24秒
返信・引用
  こんばんは、いつも楽しい記事や投稿、楽しみにしています
ところで、そろそろ時間が作れる身になってきたので、少しやる気だしてプラットフォームを作ってみました。純粋に「作品主体」です。よろしかったらどうかお立ち寄りください。
(鍵かかってる所は、メールいただければ発行します)

https://hidemaro2005.wixsite.com/hidemaro-p

http://hidemaro25.exblog.jp/ 

 
    (REWSPROV) > hidemaro2005さま、お久しぶりです&開設おめでとうございます。

 早速拝見させていただきました。まだササッとで細かくは見れてないんですが、ひじょうに鮮やかな発色と透明感のある端正な絵作りが印象的でした。ナカナカ自分ではそういうヌケの良い写真が撮れなくて試行錯誤してるので、今後いろいろご教授いただければ幸いです。

 あ!あと、パスワードのリクエストも早速送らせていただきました。宜しくお願い致します。
 

肌色NG

 投稿者:hidemaro2005  投稿日:2017年 3月 5日(日)21時57分15秒
返信・引用
  実を言いますと、教育用クレヨンとか絵の具から「はだいろ」という言葉が消えたのです。理由は「人種差別」の観点からです。こういうエスタブリッシュメント的な規制が、細かなところで起こっているんでございますな。

今回の「コラム」面白かったです。そうですね、他人様の写真作品。えらそ~に批評すべきじゃないですね。今後はあくまでも素直な「感想」で行くことにしましょう

http://hidemaro25.exblog.jp/

 
    (REWSPROV) > hidemaro2005さま、書き込みありがとうございます。

 ああ!そのNGでしたか!バカな言葉狩りですよね。いっそ「黄色人種の肌色」とか「黒人の肌色」ってクレヨン作ると良いのに。
 私、てっきり肌色を肌色のまま撮るのが何かNGなのかと勘違いして混乱してました(笑)。ちなみにプラモデルのタミヤが昔出してたエナメル系の「パクトラタミヤ」ってカラーがありまして、肌色のことは「フレッシュ」と呼んでおり、小学生だった私は「フレッシュって何やねん?ワケ分からん!」って感じてたことを想い出します。

 今回の駄文は、批評を批判する気はなかったんですけど、あまりに批評のフリした悪口雑言が世の中に多いなぁ~、とは思ってます。
 

Pension Ruin(新シリーズの期待)

 投稿者:hidemaro2005  投稿日:2017年 3月 3日(金)00時58分54秒
返信・引用
  こんばんは
密林の「プライム」を試していたところ、「寅さん映画」にはまっちゃいまして、しばらくPCがシアターになっている毎日でございました。ですから、メールその他溜まる溜まる(笑)

Worksの新シリーズの一枚目で、「お~」と思わず声あげました。発色、緑とレンガ、「うすだいだい色(肌色はNG)」のバランスと、背景の円形とナナメ線、そして廃墟マックスのアンサンブルが、1枚目に感じました。「う~んこんなの撮りたいな」と嫉妬感すら覚えました。まさに「構図の妙」でしょうね。あたし的には一番のお気に入りです。

あとブログの新シリーズは、あたしの「悪いクセ」が出ないようにネクストステージ作っていきます。今後とも宜しくお願い致します



http://hidemaro25.exblog.jp/

 
    (REWSPROV) > hidemaro2005さま、書き込みありがとうございます。また、返事遅れましてすみません。

 ・・・・・・寅さん映画とはまたシブい。

 今回のシリーズはロケーションに恵まれました。実はちょっと小雨模様のとても暗い日で、肌の色は例によって例のごとく補正で何とか仕上げたものです。
 お気に召していただけて大変光栄です。ちなみに「肌色NG」というのはどんな理由によるものか、ご教授いただければ幸いです。

 新シリーズ、愉しみにしてます。
 

本当の名前

 投稿者:  投稿日:2017年 2月27日(月)08時29分56秒
返信・引用
  楽しく読ませていただきました。
戦国武将や江戸時代の大名家や家臣なら時代劇で正式名称と通称の使い分けが出てきますが、そんな風習があったのですね。
そういえば、うちの母親が〇〇という名前なのですが、子どもの頃母方の親戚筋も父方の親戚筋もだれもが「〇〇子」と言っていて、小学校に入ってから本当は「子」がつかないと言われてビックリしたのを思い出しました。学校で、親の名前をきちんと言えるように練習させられて、その流れで母親が改めて教えてくれたのでした。
それから父方の祖母が□□というのですが、「お□□」と呼ばれていて、「お」がつかないのが正式な名前だと知った時もびっくりしました。
こういうのも、もしかしたら諱のライトバージョンなのかもしれません。
 
    (REWSPROV) > 北さま、お久しぶりです&書き込みありがとうございます。

 「お」と「子」につきましては諱と字ではなく、丁寧な表現の接頭語と女性や可愛らしさを表す接尾語ではないでしょうかねぇ?特に東日本に多いんですけど、「馬っ子」みたいに。
 あ!両方備えたのもありますよね。元は隠語であった「まんじゅう」が詰まったところに前後に「お」と「こ」がくっついた「おまんこ」とか・・・・・・お後がよろしいようで(笑)。
 

伊豆(初日・前半)の狛犬

 投稿者:  投稿日:2017年 2月27日(月)08時06分17秒
返信・引用
  ご無沙汰しております。確か、今年初めての書き込みだったかと思います。
この狛犬を見て、よほど立体的な感覚がないか、対象をしっかり見るということを知らないのか、それともデフォルメの天才か、意図せずすべてが擬人化されてしまうのか、その辺はわかりませんが、我が道を行って世間的な目を一切気にしてない振り切りっぷりが楽しいです。
宮崎アニメの異界のひょうきんな生き物のようにも見えてきます。
現実的なことを言えば、これが納品されて、支払いがあって、取引が完了したのでしょうから、もしかしたらここではこれが正統なのかもしれませんね。
 
    (REWSPROV) > 北さん・・・・・・ご挨拶は上にまとめました(笑)。

 ここの狛犬、本当にスゴいです。ありとあらゆるお約束を無視してます。ホント、当時の村人たちにインタビューしてみたいくらいに稚拙なんです。
 ただ、表現様式として見た場合、だからこそ面白いんですけどね。

 これは何度も書いたことですが、園城寺の黄不動って国宝なんですけど、実は不動明王のお約束からするとムチャクチャなんです。ま、それと一緒です。
 

アーミング アミーゴ

 投稿者:ベルトドライブ  投稿日:2017年 2月26日(日)21時21分55秒
返信・引用
  来日したjeffのギター、ストラトのブリッジは、2点止めのイイやつが、付いていますよ。雑誌を立ち読みしてたら、載っていました。大体、曲の中で、アーミングを多用するのってあんまりないですよね、それが、ジミヘンとか、フィードバック掛けてやるものだから、そんでもって、壊したり、燃やしたりするものですから。ボクなんか、嬉しくなっちゃって,弦でも切れたら大変なんだけどね、スプリング増やして固定するという手もあるけどね。どうなんだろう音変わりますかね。それから、ピックアップのポジションは、どこを使いますか。私は、センターが、スキですけど。           
    (REWSPROV) > ベルトドライブさま、書き込み・・・・・・いささか乱暴にすぎませんか?酔っ払っても何でもいいんですけど、ここは色んな方々に開かれた場ですので、節度と自制、そして最低限の文章作法が必要かと思います。  

イチローの偉業

 投稿者:Aj  投稿日:2017年 2月26日(日)12時08分58秒
返信・引用
  REWSPROV様、こちらのサイトを拝見させて頂く時間がとても楽しく素晴らしい時間になっております。ふと思いついたのが題名の「イチローの偉業」です。REWSPROV様の数々の文章や画像と行動。その裏にある日々の努力はまさにイチローそのもの。そのイチローもけがに遭うぐらいです。お体にお気をつけて大切な奥様との時間を拝見させて頂ければ幸いです。worksのpassお願いします。  
    (REWSPROV) > Ajさま、初めまして、また書き込みありがとうございます。

 イチローなどと・・・・・・いやもう単に自分にはこれくらいしかない、ってのが実情です。
 出来ることを出来る範囲で出来る限りで、牛の涎で細く長く続けて来たらこんな風にだらしなくコンテンツが広がっちゃった、ってのが偽らざるトコでして。

 今後とも宜しくお願い致します。
 

失礼しました

 投稿者:ベルトドライブ  投稿日:2017年 2月22日(水)22時52分40秒
返信・引用
  結果的には、ダイナマイツなんだろうけど、青木さんはtear dropsで、大木さんはスマイラーで知ったのです。演奏を見ただけで、その方を知るというか…。あと、つながったみたい。       妻プロで作品見ました。カッコイイですね。アルバムのジャケット写真みたいですね。      ムスタングに戻ります、チュー二ング狂いますよね。日比谷の野音で”you're like a doll baby"でずれてましたよね。アーミングかけすぎですかねぇ。   
    (REWSPROV) > ベルトドライブさん、書き込みありがとうございます。

 う~ん、スマホか何かから打たれたのでしょうか、ナカナカ文章が崩壊してますねぇ(笑)。

 「妻プロ」は現在唯一、作品をアップしてるサイトでして、ホント、投稿者の皆さんのテクには学ばせていただいてます。
 ムスタングはダウンばっかりすると狂うんです、アレ。下げたらガッと上げる、これで大体戻ります(・・・・・・あくまで大体ですけど、笑)。
 

構図のお話

 投稿者:hidemaro2005  投稿日:2017年 2月20日(月)22時50分14秒
返信・引用
  こんばんは
いや~、話題に載せていただき、有り難うございます。
そういえば、実はあたしは「林檎のグラビア」下宿の天井に張っていたんでございます。(笑)
当時は篠山紀信とかも好きでしたね。つまり「自然光のヌード」
いつかこんなのを撮りたいとも思ってましたが、当時はひたすら「資料撮影」の毎日でございましたが。
あたし的にいうと、光画はあくまでも視覚における錯覚の芸術。つまりは脳を瞞すのがポイントで、そのツールとして「写真」があるわけです。すなわち「手段」でしかないのです。で、構図というのは「絵画」の延長線上にありますゆえ、さまざまなうんちくが出るんですが、セオリーはあれど絶対はあり得ません。基礎は大事だけれど、それをぶっ壊してこそ芸術。すなわち「究極のセオリー」が日の丸なのだから。「基礎をトレースしてますが何か?」という事で良いのかも知れないのです。逆にそれに徹するのも、言わば仏弟子の「愚路尊者」という存在であっても良いのかも知れないのです。ですからおのれの表現に徹することだと思います。
あたしのブログのシリーズは、次のステージに入ろうと思っています。テーマは「クソにもならない教養」です。むろん、写真関係も考えてございます。今後とも宜しくお願い致します。

http://hidemaro25.exblog.jp/

 
    (REWSPROV) > hidemaro2005さま、書き込みありがとうございます。

 そうですか、リンゴを部屋に貼られてましたか~!私は世代的にはその少し下で、平凡パンチよりはGOROで、激写華やかりし頃でした。リアルタイムで山口百恵とかも見たなぁ~(笑)。
 最近、自分の中では構図と発色が自分の中では最重要事項で、ボケがどうとか収差がどうとか周辺減光がどうとかはどうでも良いことに感じられてます(・・・・・・良くはないんでしょうが、笑)。

 次のステージ、とても楽しみにしてます。絶対に単なるペダントリーの開陳には収まらないんでしょうね。
 

漂う

 投稿者:ベルトドライブ  投稿日:2017年 2月14日(火)22時32分18秒
返信・引用
  すいません。ストラトとは、違うのですね。ショートスケールだし、軽くて元気なギターですね。
山口さんも聴いておられるということで了解しました。詳しいですねぇ。 私、青木真一さん、大木啓造さんなんかも好きです。お亡くなりになった方ばかりですいませんけど、  ギターで色々語るのは、楽しいですね。
 
    (REWSPROV) > ベルトドライブさん、書き込みありがとうございます&返事が遅れましてすみません。

 ストラトとムスタングは似て非なるギターですね。元気か?っちゅうとそれも微妙でして、まぁ要するにスチューデントモデルなんでしょうね。デキの悪い子ほど可愛い、ってタイプでしょう。まぁ難儀なギターです。
 ダイナマイツは聴いたことないっすね~。「村八分」とかは昔、人並みに聴いたくらいで。

 あと、ちなみに「ワニ」は混浴の露天風呂に日がな一日へばりついてるキモヲタを指します。ともあれ、返信の督促は「粘着」みたいでちょとコワいんで、出来ましたらばご勘弁のほどを・・・・・・。
 

気絶するほど悩ましい

 投稿者:ベルトドライブ  投稿日:2017年 2月11日(土)21時23分9秒
返信・引用
  charさんの場合は、いい仲間たちによって成功してますよね。天野滋、ゴダイゴ、ジョニー吉長、ルイーズルイス加部。jeffだったら、max middletonかな。人間臭さが、良いからいつ聴いてもgoodなのかもしれません。 それにしても、アーミングは、スプリングで引っ張ってないんですね。今、気が付きました。   もう、知っているかもしれませんが、”気ままに生きる"で、検索してみてください。加部さんの小説です。
 
    (REWSPROV) > ベルトドライブさん、書き込みありがとうございます。

 いや、トレモロはバネですよ。2本のコイルスプリングで支えられてます。ただ、どうにもチャチでグニョングニョンで何ともゴムっぽいんですよね。
 ルイズルイス加部って、弾けばとてもタイトな演奏するんですけど、ノリは何だかグダグダのサイケとかヒッピーっぽいですよね。どっちかっちゅうと山口富士夫に近い雰囲気があって好きです。
 

stratocaster 3

 投稿者:ベルトドライブ  投稿日:2017年 2月 8日(水)20時44分31秒
返信・引用
  やっぱり、今でも、よく聴きますね。jazzのアルバムばかり買うのですけど、jeffやjimiは、別枠ですね。王、長島みたいなものです。それと、ムスタングいいですね。やはり、竹中さんなんですか。よかったら教えて下さい。
 
    (REWSPROV) > ベルトドライブさん、書き込みありがとうございます。

 ムスタングはまぁ、ギターが増えてきてちょっと変化球が欲しいな~って思ってた時、懇意の中古屋にたまたま新同格安が出たんで買っちゃいました。65コピーで材もポプラだったりドンズバ度はナカナカの個体です。ただ、楽器としてはとても人には奨められません(笑)。
 チャーはこんなん良く弾き倒すな~、って感心します。実はそんな好きなわけではないんですけど、昔、JLCの日比谷ライヴからピンククラウド初期くらいまではけっこう聴いてましたね~。「SMOKY」とか「宇治茶屋第五幕」とかコピーしたもんです。
 

今回は短文

 投稿者:りょう  投稿日:2017年 2月 7日(火)17時20分44秒
返信・引用
  そういえばオロナミンCのCMが水郷でタイムリーですねぇ
へんな塔が合成されてますけどw
 
    (REWSPROV) > りょうさま、書き込みありがとうございます。まだまだ寒い日が続きますねぇ・・・・・・。

 あ!たしかにたしかに!こりゃたしかに佐原ですわ。
 実は、TVと1週間くらいの差で訪問することがけっこう昔から多いです。特に多いのは「鉄腕ダッシュ!」でしょうか。これまで3~4回かぶりましたね。

 今後とも宜しくお願い致します。
 

Kraftwerk #3

 投稿者:hidemaro2005  投稿日:2017年 2月 5日(日)19時34分28秒
返信・引用
  こんばんは
Kraftwerk #3、このシュチュエーション、実はすごく好きです。というか漆喰の剥がれかけのレンガの壁って本当に趣があり、被写体のジャンルにはぴったりきますね。言わば「肌感」が画面全体から伝わります。恐いのはまわりが白っぽいと、白ハネしたり、肝心の被写体が潰れたりと、露出失敗しやすいんですが、うまく露光してますね。シリーズ最後がザンネンです。また意欲作を期待しています。
 佐原、あたしも昔職場が近くにありましたゆえ、よく行きました。今年あたりから時間的な余裕が出来そうなので、久しぶりに訪れようかな・・と思うこの頃です。今後とも宜しくお願い致します。

http://hidemaro25.exblog.jp/

 
    (REWSPROV) > hidemaro2005さま、書き込みありがとうございます。

 煉瓦系廃墟って大好きなんですけど、入れるところがナカナカ少なくて、ここはかなり貴重だと思います。その雰囲気を少しでも漉し取れたのなら私も精進の成果がちょっと出てきたのかも知れません。
 昔はこちらの方にお住まいだったんですね。是非ともお越しの際は一声お声掛けくださいませ。

 今後とも宜しくお願い致します。
 

ポスター、街並み、海鮮丼

 投稿者:sfr  投稿日:2017年 1月31日(火)04時39分57秒
返信・引用
  佐原、拝見しました。
ポスターはまさにロゴが古い邦画、私の記憶の中ではゴジラ、モスラの頃の怪獣映画にも使われていた類の懐かしい文字でした。画像は小さくて見えなかったのですが、デザイナーの狙いなんでしょうか。
水郷の街並みは実にいいですね。いつもながら、人物のありなしにかかわらず、良い絵で楽しめました。
さらにトドメの海鮮丼、垂涎ものでした。
 
    (REWSPROV) > sfrさん、書き込みありがとうございます。

 実は水郷の街は昔からけっこう好きでして、そんなにしょっちゅうではありませんが、思い出したように訪ねてます。
 いつかは「さうして静かな廃市の一つである」と北原白秋に歌われ、「センチメンタルな旅」の舞台となった柳川に行ってみたいですね。
 

羨まし・・・

 投稿者:oldjoe  投稿日:2017年 1月30日(月)22時07分34秒
返信・引用
  魚平食堂さんの海鮮丼
実は数年前よりチェックしてましたが未だ訪問できず…
羨ましい
今年こそ食べに行きます
 
    (REWSPROV) > oldjoeさん、書き込みありがとうございます。

 ご存知でしたか。ここは魚好きには噂通りでひじょうにオススメです。ただし、かなり一切れが分厚くて大きいので、何となく「丸かじり感」はありますが(笑)。

 ついでに言うと、向かいの佃煮屋も佐原市内より安くて美味いです。
 

stratocaster 2

 投稿者:ベルトドライブ  投稿日:2017年 1月27日(金)22時32分5秒
返信・引用
  正しいご指摘ありがとうございました。 T・アイオミ  やはり、左利きのSGの方ですね。なんかすごく研究されていますね。私も、毎日を生き抜くために、音楽を聴いてます。この頃の音楽は、みんなスキです。 自由なおんがく 温泉も制約のない露天風呂ですよね。   Jeff Beckが、指で弾くのが、気持ちいいです。  
    (REWSPROV) > ベルトドライブさん、書き込みありがとうございます。

> Jeff Beckが、指で弾く
 ありゃホンマ凄いですね。以前ちょっと試しに挑戦してみましたがどぉにもなりませんでした。とにかくジェフベックはむつかしい。譜面どうこうではなく、あのニュアンスがどうしても出せないですよね。
 

Clubhouse Ruin #3【感想】

 投稿者:hidemaro2005  投稿日:2017年 1月26日(木)22時43分38秒
返信・引用
  Clubhouse Ruin #3、拝見しました。

構図的にはきれいなシンメトリーっていうか、モデルも含めて「文字」まで作れてますね。狭間に急いで撮ったというような「焦り感」=(たぶん水平がダメ)という欠点も見られないし、何よりもあたしがすごいと思ったのは、「鉄線の森」を背景にした画像です。これは素晴らしい。出来ればこれは「モノクロ」で処理したらもっとインパクトが出るかな。そんな感じがしました。ますますのご活躍を期待します。

http://hidemaro25.exblog.jp/

 
    (REWSPROV) > hidemaro2005さん、書き込みありがとうございます。

> 「焦り感」という欠点も見られないし
 ・・・・・・いやいやいやいや、もぉ焦りまくりで撮ってます。水平出しについては後から角度修正なんかも加えて綺麗に出してるだけです。ストックの状態だともう、中途半端に傾きまくりです。

> 「鉄線の森」を背景にした画像
 これはすごく絵になるモチーフですよね。建物の殆どは出来てるのに、なぜかこの一角だけコンクリートの型枠を組み忘れたのか何なのか、見事な鉄筋監獄状態なんです。アドバイスに従ってモノクロでの仕上げ、ちょっと頑張ってみることにします。
 

レンタル掲示板
/18