teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. 全力全開(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


集団ストーカー

 投稿者:  投稿日:2014年 2月 2日(日)14時40分20秒
  ゆーきん←このあほみたいな名前のカスは集団ストーカーです

こいつの地元は京都の西院というところで
本名はゆうきという24歳の男です。
こいつは通称うんこと呼ばれており、
出会い系の女の子に覚醒剤を強要したりするなんとも小さいゲスでございます。

集団ストーカー(集スト)というテクノロジー犯罪も今では大分有名になっており、
ネットで『集団ストーカー』とググるだけでかなりの数の情報が出てきます。
普通集団ストーカーと言えば被害者を徹底的に追い込み、
その秘密を一言も喋らせないぐらいの圧力があるものですが、
こいつは頭が悪く、弱くて舐められるためその秘密を全体的に晒されております。
うんこは住所や出身校まで晒されるという集ストとしてはとんでもないあほでさむいガキです。

集ストが悪用しているレーダー(マイクロ波パルス)や
様々な機械も大体はネットや通販などでも簡単に手に入るようです。
それがこいつらでも出来る理由ですね、加害者は増える一方です。

集団ストーカー問題の解決を願います。
 
 

世界に1000羽しかいないミソゴウを守るために。

 投稿者:関口 修  投稿日:2012年 3月16日(金)21時03分55秒
  日本全国の自然と里山を愛する皆様 愛知県トヨタテストコース建設に反対しますFAX大作戦にご協力 誠にありがとうございます。多くのFAXが 愛知県 トヨタ自動車に届けられましたが 愛知県は 聞く耳を持たず4月に造成することを決定してしまいました。しかし 私達は COP10を誘致し世界に生物多様性の大切さを発信した愛知県による無謀な生物多様性の破壊を認めるわけには いかないのです。日本中 世界中の良識ある市民の皆様の声を形として届けるために10万人を目標に署名運動をすることにいたしました。重ねがさねのご協力 誠に恐縮ですが 皆様の家族の方 身近な方などに この無謀な自然破壊を知らせて署名をいただいていただきたいのです。また署名用紙を添付させていただきますので 転送などで ぜひ 広げてください。
署名用紙は プリントしていただき 144-0055 東京都大田区仲六郷3-6-11 関口 修まで郵送してください。
ご無理なお願いばかりで大変申し訳ないのですが この自然を守るための最後の運動にご協力を心よりお願いいたします。
署名用紙は im47tm@bma.biglobe.ne.jpまでご請求ください。
 

この自然を守るために お力をお貸しください。

 投稿者:関口 修メール  投稿日:2011年10月30日(日)19時03分13秒
  この自然を守るためにどうか お力をお貸しください。
突然のお手紙大変失礼いたします。私は里山 日本の身近な自然を愛する一市民です。
皆様の住所 連絡先は 環境関係のインターネット 雑誌 図書館にあります住所録で調べさせていただきました。日本全国の自然 里山を愛する皆様すべてに 手紙を書かせていただいております。ご無礼お許しください。また 日頃は 各地の自然保護のための活動 ご苦労様でございます。
皆様にお手紙を書きましたのは 今 愛知県で行われようとしている凄まじい自然破壊の実態について知っていただきたかったからです。愛知県は COP10を開催し 世界中の環境関係者に生物多様性の大切さを 訴えるその裏で 県 自ら660HAもの生物相豊かな広葉樹の森をトヨタ自動車 一社のためだけに破壊しようとしています。
環境万博と詠い海上の森を住宅地にしようとしたことと同じことをまた 画策しています。この開発は 中部国際空港に匹敵する大規模開発(大規模自然破壊)であるのに関わらず
マスコミは ほとんど報道いたしません。これだけ広大な自然破壊を伴う環境破壊をなぜか マスコミはとりあげようとはしないのです。環境庁に掛け合っても無反応。愛知県という権力と世界一の大企業を相手に手の打ちようがありません。絶滅危惧種19種(サシバ ミソゴイ 仏法僧など)愛知県の絶滅危惧種50種も生息する広大な広葉樹の森が 国民が知らないうちに造成され破壊されつくされようとしているのです。この自然を守れるのは 良識ある自然を愛する国民の皆さまの声しかありません。そこで 国民の多くの皆さまの声を愛知県 トヨタ自動車に届け この無謀な自然破壊を止めていただく大運動を展開させていただくことになりました。日本全国の自然を愛する皆さま 三通のFAXをお届けください。FAX番号などは 添付させていただきます意見書の用紙に書いてあります。どうか 御協力をくれぐれもよろしくお願いいたします。
この自然破壊の開発名は豊田 岡崎地区研究開発施設用地造成工事といます。詳しくは2
1世紀の巨大開発で検索してください。
愛知県知事 大村秀章
郵便番号460-8501 名古屋市中区三の丸3-1-2 愛知県庁内
電子メール hisho@pref.aichi.lg.jp FAX052-951-1074
愛知県企業局 研究施設用地開発課 kigyo-kaihatsu@pref.aichi.lg.jp FAX052-954-6956
トヨタ自動車株式会社 FAX0565-23-5733
郵便番号471-8571愛知県豊田市トヨタ町1 代表取締役社長 豊田章男様」
*海上の森. 横沢入の保全活動へのご協力誠にありがとうございました。

愛知県 トヨタ自動車による21世紀世界最大の自然破壊を止めてもらう会
会長 関口 修 im47tm@bma.biglobe.ne.jp
全国環境保護連盟
 

情報提供

 投稿者:野沢俊哉メール  投稿日:2011年 7月27日(水)16時40分32秒
  防災計画にも有効な、生物多様性植物データを無償配布しております。
つきましては、送信先メールアドレスをお教えください。
 

オープンフォレストin松戸-1

 投稿者:裏山のさくらメール  投稿日:2011年 3月 1日(火)18時03分41秒
   千葉県では数年前から5月を「里山月間」とし、5月18日を「里山の日」としてきたが、松戸でも5月14日(土)~5月22日(日)を「松戸里やま週間」としてこの間に市内でボランティアが活動している森で地主さんの許可を得てさまざまな行事、 催し物を行っていきたいと考えています。市民ボランティアが活動している市の一部の公園も参加して森の一斉公開を行う「オープンフォレストin松戸」を企画しています。
 松戸市では2002年ごろより、市民団体が主体となり、山林所有者の会、行政、中間支援組織等との協働のもとに、樹林地保全活動の担い手づくりと活動団体のネットワーク化を進めてまいりました。その成果として今日で保全活動団体は13団体、活動フィールドは15カ所を数えるまでになりました。また、こうした協働による都市緑地保全の取り組みが評価され、昨年は「緑の都市賞国土交通大臣賞」を受賞しました。これは直接きっかけではありませんが追い風にはなりました。
 これを期に、活動の場を公開することにより、私たちの活動をより多くの市民に伝え、身近な緑の大切さに目を向け、減少し続ける都市樹林の保全を参加者と一緒に考える機会として、このイベントを企画しました。
「オープンフォレスト」は「オープンガーデン」に倣った造語ですが、おそらく都市樹林、それも民有林を土地所有者の協力を得て、しかも全市域にまたがる多数の場所で公開する催しは、全国でも類のないものと思われます。

http://www1.koalanet.ne.jp/forest-in-matsudo/

 

竹炭

 投稿者:石田メール  投稿日:2010年 1月16日(土)00時03分51秒
  以前、授業で金ヶ作の森にお邪魔した、園芸学部二年の石田と申します。その節はお世話になりました。

私は通学で秋山駅から自転車でキャンパスまで通っているのですが、その途中に春木川という汚い川があります。また放置されている竹林もあります。竹林の地主さんには竹をいただく許可をいただきましたので、それを炭に変えて川を浄化したいのですが、近辺でその土地を貸していただける方を探しています。
もしご存知でしたら、情報お願いします。
 

「ふれあい広場」イベント

 投稿者:根っ子の会 岩永  投稿日:2009年10月19日(月)14時57分17秒
  10月18日(日)小金地区社会福祉協議会主催のイベントが小金小学校で開催されました。
三樹の会では会員の作品を展示販売、ヨシズ編みの実演など紹介しておられました。
http://negiuchi.web.infoseek.co.jp/etc/sanki.html
このURLに会員の方々の写真を掲載しています。

根っ子の会のHPにリンクしていただいておりますが
http://negiuchi.web.infoseek.co.jp/
が新しいURLです。更新をお願いいたします。
 

都市部に残された緑をこれ以上なくさないために Ⅱ

 投稿者:裏山の桜  投稿日:2008年12月24日(水)23時29分26秒
  ボランティア団体は、都市に残された樹林の保全活動を通して「緑を育て、未来に緑を残そう」と不法投棄のゴミ拾いや樹林地の間伐や下草刈りの活動をしている。しかし、地主さんから近所からの要望で隣沿部の樹木を伐採する事になったので、伐採する樹木が大木で重機を使用して伐採となる。重機の通り道の雑木や竹の伐採を何とか手伝って貰えないか?と相談をされた。森で活動しているボランティア団体としては断りきれない、重機の通り道の緑の伐採を手助けする事になった。「緑を育て未来に残そう」としているのに樹齢100年を超えるような樹木を伐採する手助けをしている事に疑問を感じる。
地主さんが決めたことなので仕方ない。でいいのか? このままでは近隣との件や相続税などで森の管理や保全活動をボランティア団体が手助けしている樹林地も残らない。
都市部で緑を”かたまり”で残すために、地域の人々・地主さん・ボランティア団体や行政が「何とかして未来に緑を残そう」と切る前にみんなで話しあえる仕組みが出来ないものか?
 

都市部に残された緑をこれ以上なくさない為に

 投稿者:裏山の桜  投稿日:2008年12月16日(火)20時56分26秒
  都市に残された「里やまの再生と子供たちに緑を残そう」と樹林地の保全活動をしていますが、最近樹林地の近くの住民から木が大きくなり陽当たりが悪くなった、木の葉が落ちて雨樋がつまって困るなどのクレームと枝を切って欲しい、木を切って欲しいなどの要望を良く耳にする。
我々の活動しているフィールドでもお隣さんから畑に太陽が当たらないので木を伐採して欲しい(想像)と地主さんに要望書が届いた。以前から時々この様な話(口答での申し入れ)はあった様でこれまでは、樹木の枝を伐採して対応していた。
地主さんも3年~4年ごとに数百万の費用をかけて、百数十mに1列に並ぶ大小18本のケヤキと隣沿部の雑木の枝きりを行ってきたが、世代が変わり昔ほどの近所付き合いもなく文章での要望となり、隣と接している樹齢100年以上にもなる17本のケヤキとシラカシの木の伐採を決意されたのか?
今回伐採する事にしたケヤキは、幹周り1.5m~2.3m以上もあり樹齢150年以上と思われるケヤキが11本と幹周り1m前後のケヤキ6本が1列に並んでいる。100年以上もこの土地で生きてきた木を簡単に伐採していいのだろうか?
 

いま里山がまぶしい

 投稿者:裏山の桜メール  投稿日:2007年11月29日(木)21時08分8秒
  最近TV,新聞等で地球温暖化防止・CO2の問題などに関連して緑豊かな森林などの紹介記事の中に里山がよく出てきます。幼児をを森で過ごさせ、自然の姿にふれる「森の幼稚園」の紹介などが有りましたが、松戸の都市の樹林地で「森を楽しむ音楽会」が催され新聞でも掲載(2007.11.29)されていました。40数年前までは燃料や建築資材として活躍した樹林地は、電力・ガスや安価な外材に変わり不必要となりました。手入れする労働力も不足し放置され今や不法投棄の現場となっている森(?)も少なくない。そんな森をボランティアグループが地主と協力して管理している里山、各地で里山再生や保全活動が活発になっています。松戸でも緑の大切さを知り、そんな緑を守り育てようとしているグループの中に「里やま応援団グループ」がいます。各グループでは、会員を募集しており労働力の提供や資金の提供をお待ちしています。

http://www.geocities.jp/matudosatoyama/

 

レンタル掲示板
/3